豌豆、冬支度

今年も豌豆は「久留米豊」粒が大きくて、色が濃いの。家族も友達も心待ちにしてくれるので、とても作り甲斐のあるお豆です。大和盆地の冬は底冷えするので、(葛城、生駒の山を隔てて、大阪とは2℃以上気温が下がります。電車で30分ほどの距離なのにね。)藁の霜よけをたててあげましょう。播種が遅れたので、まだ小さい苗なのですが、霜よけは一人前です。
b0194908_15294577.jpg

b0194908_15302631.jpg

豌豆はこの作業が少し手間ですが、これからはほとんど何もしなくても大丈夫なので(たぶん)あとは5月の収穫を待つばかり・・・・
[PR]
by mahoroba-tuduri | 2013-12-11 15:35 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mahotuduri.exblog.jp/tb/21620089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。