カンダタへちま、その後

へちまの雌花は大きい。掌をいっぱい開いても、なお、大きい。
b0194908_166567.jpg

こんなに大きい上に、ご覧のように開放的なものだから、いろんな虫がせっせと受粉を助けてくれて、らくちんです。今年は豊作かも・・・
楽しみにしていた、天井からブラブラも!(ブラブラと言っても1個だけれど)
b0194908_1613341.jpg

早速収穫して、今日はお酢のものにしよう。トゥルっとして、食感が美味しいンですよ~。
[PR]
by mahoroba-tuduri | 2014-08-13 16:17 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mahotuduri.exblog.jp/tb/23151474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shogame2 at 2014-08-23 17:48
考えて見たらヘチマもウリ科?
食べられるわけですよね。
何となく子供の頃に母がいつもヘチマでたわしを作っていた感覚しか無いので 想像もしていませんでした。
ウチの方でも今年はウリハムシが沢山で スイカも夕顔もカボチャも沢山受粉してくれました(笑)
Commented by mahoroba-tuduri at 2014-08-31 21:09
*shogame2様、そう、食べられるんですよ。私も最近まで知りませんでした。ヘチマたわしになる前の幼果は茹でると、プルンとした不思議な食感で、仄かに土臭くて、夏の味です。食べきれないくらい生っているので、食べきれない分はたわしになってもらいます。ヘチマたわしは大根を洗うのにちょうど良いですよ~