カテゴリ:雑感( 48 )

b0194908_14091.jpg
お祭りに行ってきました。
何が「いまどき」だと、思うのかというと、お祭りに付き物の出店。縁日の屋台といえば、なんだか禍々しい得体のしれない(ゴメンナサイ)色の食べ物なんかが並んでいるイメージ。ところがドッコイ!このお祭り、実店舗が大阪や神戸にあるナチュラル系、オーガニック系のお店が境内にいっぱい。本殿の前でビオラとコントラバスの生演奏が行われていて、なんとも、不思議な空間でした。娘はこんなのをGET。
b0194908_14505269.jpg

私は、これ!   原材料をみると、柚子皮、唐辛子、リンゴ酢、食塩と書いてあります。
b0194908_1452138.jpg

この材料だと、ひょっとして、畑の収穫物で真似っこ出来るンじゃない?と邪な思いがムクムクと・・・
[PR]
早起きは・・・・・お得?
b0194908_12203135.jpg

日の出直前の西の空に、大きな虹。  虹の内側が朝焼けで赤く染まっています。
(写真より ずっと赤かったんですけど・・・)


という事は・・・今日も お天気、崩れるんですね・・・
[PR]
ディズニー映画が続きます。「ウォルト・ディズニーの約束」
b0194908_5403735.jpg

原作者Mrs.トラバースとディズニーのメリーポピンズ映画化を巡るせめぎ合いのお話。

子供の頃、「メリーポピンズ」とか「チキチキバンバン」とか、大好きだったなぁ~。
心弾む名曲の数々がシャーマン兄弟によって、生み出されていくところ、ワクワクします。
b0194908_5431831.jpg


親が子供に影響をあたえる事は当たり前のことですが、こんなに大きな重荷を与えてしまっては・・・・と切なくなる映画でもありました。邦題の「ウォルト・ディスニーの約束」はどうなのかな?
「Saving Mr.Banks」メリーポピンズの中のMr.バンクスが救われたように、Mrs.トラバースも・・・と思える原題がいいな。

They lived happily ever after.
[PR]
日本語吹き替え版を観てきました。
b0194908_17375718.jpg
雪の映像と歌に圧倒されました。さすがディズニー。吹き替えのキャスティングセンスも秀逸。ストーリーはもうちょっとの部分もあるけれど、松たか子さんの歌があれば、それだけで満足・・・なくらい素敵でした。
[PR]

強い寒気団が日本を覆っているそうで、今日の奈良の最低気温は-3℃。お昼を過ぎても、気温がなかなかあがりません。「寒い寒い」と、縮こまって洗濯物を取り込んで、ふと、空をみあげると、「アレ!?」
b0194908_1551711.jpg

空の真ん中に虹が・・・「環天頂アーク」というのだそうです。   綺麗・・・
寒いからといって、背中をまるめていないで、視線を上にあげると良いことありますねぇ。
[PR]
一作目の「RED」を観損ねたので、ちょっと「くぅ~」という想いがあったのですが、
b0194908_16331355.jpg

ヘレン・ミレンがこんな事をしているのを見逃す訳にはいきませんよね~。
韓流ファンではないけれど、イ・ビョンホン、すごーくオイシイ役でした。
リターンズを観て、ますます「RED」一作目を観なかった事を後悔。ただただ暴れまくるというお話です。
[PR]
クリスマスと誕生日が重なっているので、ひょっとしたら、ホントのクリスマス気分‥‥というのが分かっていないのかも。今年はスタッフドチキンでクリスマス気分を盛り上げてみました。
b0194908_16122743.jpg

一緒に焼いたポロ葱がとろける食感!甘くて美味しい。とか言っているうちにひとつ歳を重ねました。
ちゃんちゃん!
[PR]
美味しそうな映画なので、母と私と娘と女3代で、観に行ってきました。
お殿様の食事はお侍さんが作っていたのですね。
b0194908_13355369.jpg

加賀藩に実在した舟木伝内、安信親子が残した「料理無言抄」というレシピ本が原作だそうです。
映画を観て、明日台所に立つのが楽しみになったのは「かもめ食堂」以来です。
[PR]
戦国時代から安土桃山時代、もう何度もドラマ化されているので、それぞれ信長といえばこの俳優さん、光秀といえば誰、寧々といえば、お市の方といえば…ってあると思うんです。私の中では柴田勝家といえば、宍戸錠さん・・(古!いつの大河ドラマだろう?)あんなイメージ(あんな…と言っても、若い頃の宍戸錠さんです)今回の秀吉の大泉洋さん、これからもこの人以上に適役な方が現れるのかと、思わせるピッタリな配役でした。他の配役もそれぞれに面白く、結果の分かっているお話なのに2時間ちょっと、軽~く楽しめました。
b0194908_14112278.jpg

[PR]
いやぁ~!じんわり良かったなぁ・・・・こんな誰の目に触れるでもないささやかなブログを書いていても、嬉しい事、楽しいこと、びっくりした事、トマトの赤の輝きや、瑞々しい若葉の色を どんな風に言えば伝わるかしら・・・と考えることがあります。言葉は気持ちを伝える道具・・・・探せばきっと、伝える事の出来る言葉があるはずなんでしょうね、知らないだけで・・・・
辞書を言葉の海を渡るための舟に例えて、辞書作りに研鑽する人々、みんな魅力的でした。
b0194908_1426775.jpg

[PR]