<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

草刈りをしていると、草に覆われていた所に地面が現れる・・・
すると、どこから見ていたのか、このこがやって来ます。
b0194908_14383647.jpg
動き回るうえに、近づくと飛んでいってしまうので、なかなかうまく
撮れません。地面を穿って、なにやらお食事の模様。
昔は農林鳥と呼ばれて、益鳥扱いだったらしいのに、今は騒がしいし、果樹園を荒らすので、すっかり嫌われ者になってしまって・・・
そう!うちの無花果も柿も被害に遭ってます。
でもムクドリにしてみれば、今も昔も同じように生きているのに
なんなんだよ~!ってとこでしょうね。

出来れば、虫を好んで食べて頂きたいな。


エルサレム・セージの花が咲きました。
b0194908_154466.jpg

[PR]
あんまり沢山採れるので、去年は「もう植えんとこ・・・」となって
お休みしたゴーヤ。今年は植えます。大願寺ゴーヤの種を蒔いたら
b0194908_15585086.jpg
こんなヒョロヒョロリンな苗になってしまいました。
それでも 植えちゃうぞー。


b0194908_1635640.jpg
植えちゃいました。
奥には四角豆の種を蒔いて、これで夏野菜の準備、完了、かな?
[PR]
スーパーで1パック100円のイチゴを見つけたのでジャムにします。
b0194908_10304611.jpg
申し訳ないようなお値段です。

このイチゴ「ことか」という名前。とても色が濃い。
奈良の苺といえばアスカルビー。スーパーでは♪ルビー、ルビー、
アスカルビー、奈良で生まれた奈良イチゴ♪とエンドレスで歌が
流れています。(サカナ。サカナ、サカナーみたいに)
この「ことか」はアスカルビー以来、10年ぶりに世に出た奈良イチゴ
とのこと。シーズン終わりの小粒だからこのお値段なのかな?
本来の苺のシーズンはこれからなのにね。
それにしても、「ことか」・・・・・・なんのことか・・・・
漢字で書くと「古都華」ですって・・・なるほど・・・   
名前はあとから付いてくるもので、見慣れたり聞き慣れたりすると
なんの違和感もなく受け入れられるのかもしれません。

久しぶりのイチゴジャム、煮始めに立ちのぼる香りがたまりません。
200円で、すごく贅沢な気分。
[PR]
「ハヤトウリ」で検索したら、お漬物の記事がとても多いのですが、
「チャヨーテ」で検索すると、いっきにウホッなレシピが出てくる事を
ご存知でした?

昨年、秋に収穫したハヤトウリを種果用に保存しておきました。
といっても、紙袋に入れて、台所の隅にポイッと しておいただけ。
こんな風になったので、植えることにしました。
b0194908_1724467.jpg
ほんとは 忘れていたんだけど・・・
植えたのはひとつ。ひとつで充分。
昨年はひとつから50個以上採れました。
でも、植えるのちょっと、遅いかな?
どっちみち9月にならないと花は咲かないし・・・・
そんなに期待してなくて、ゴメン!
[PR]
雨上がりの畑に雨後のタケノコならぬ、雨後のアーティチョークが
にょっきり伸びていました。昨年苗を植えたら、その年のうちに
蕾を付けて(ちっちゃいの)、猛暑にも耐え、冬を乗り切り、びっくり
するほど成長しました。
b0194908_193849.jpg
一番右下のはもう収穫してもいいのかなぁ・・・・
こんなに大きくなるとは思わず、畑の真ん中辺に植えちまったよ~
花の時期が終わったら、すっかり逼塞してしまうんだけど・・・ね。

畑には他にも嬉しい蕾が
b0194908_19475761.jpg
こんなに付いてどうする?八朔!
[PR]
雨の合間を縫って畑にひとっ走り。
水はけの悪い我が畑は雨の後に踏みこむとズボッと長靴が抜けなくなったりするトホホな畑です。
本日の作業はカボチャの芯止めのみ、あとは収穫。
b0194908_14182926.jpg
豌豆、ニンニクの芽、フェンネル、ブロッコリー
b0194908_1420504.jpg
スナック豌豆、そら豆、ディル
b0194908_1423898.jpg
絹さや、アスパラ、キャベツ
b0194908_14251572.jpg
ガーデンレタスミックス
b0194908_14264314.jpg
スイスチャード
豊穣、豊穣。
[PR]
つい、この間まで娘達の英語やら、日本史やら、の参考書が
山のように積んでありました。 私も、私も・・・・
b0194908_16473874.jpg
畑の時は常に携行しています。 表ワザもままならないのに、
裏ワザですか?と自分にツッコミながら。読んでいて、とても楽しい。

ジャガイモの切り口を上向きに植える勇気はありませんでしたが、
その話を友人と話していたら、切り口を南に向けて、立てて植える
という新たな裏ワザを教えてもらえたのも、この本のおかげです。

茄子のV字仕立ては今年、挑戦したい事のひとつです。
畑に行く途中のビニールハウスの中の茄子はそれはそれは整然と
V字開脚(?)しています。プロのお仕事ですから当然なのですが
・・・憧れます。

そして、トマトの捻枝、興味ありますねぇ。
[PR]
午後から激しい雨が降るというので、朝のうちにきゅうりの根元に
藁を敷きに行ってきました。ついでに雨の前に種蒔きしましょう。
落花生と空芯菜、水やりは省略。長靴でグッと踏んで、おしまい。
こんな手抜きの種蒔きですが、昨年はちゃんと発芽しました。

低い空のもと、クッと固く口を噤んだ蕾が・・・
b0194908_13224040.jpg
期待してま~す、キーウィ嬢。
[PR]
昨年の夏、こんな風になってしまった畑の奥を
b0194908_1434510.jpg
なんとか、ここまで開墾しました。(ここでドヤ顔、入りま~す)
b0194908_1435192.jpg
防草シートでガッチリ、ガードだ!!
取りあえず、荒れ地でも育つ(であろう)カボチャを植えてみました。
さて、どうなる?

今日の畑仕事は
さつま芋の植え付け、(ベニアズマ25本、安納芋25本)
カボチャの植え付け
胡瓜の手
b0194908_14502927.jpg
胡瓜の根元には、もれなく葱がささっています。
あっ!藁、敷いてくるの、忘れた!!もう一回行ってこよう!
と、思ったものの、・・・まっ、いいか。
[PR]
2年越しの久留米豊、ぽっちり収穫。花はもう終わってしまって、
あとは、莢が膨らんでくれるのを 待つばかり・・・・
新しい品種に手を出すと、どうしても前からの品種と較べてみたく
なります。 色がかなり違います。(下が久留米豊)
b0194908_17111976.jpg
甘い!上の豌豆はおそらく うすい豌豆だと思うのですが、長年(父の時代から)の自家採種なので定かではありません。これはこれで甘いんですけど・・・それにまだまだ花が咲いているので収穫期間は長いと思われます。と、ついつい前からの豌豆を庇ってやりたくなるくらい、久留米豊、衝撃の美味しさです。今のところ、生で食べた場合の比較ですけど・・・生でも食べられるとうもろこしに近い感じ。

本日の畑仕事はジャングルの開墾。
明日は さつま芋を植えます。

今日の収穫
b0194908_17262245.jpg
ニンニクの芽が嬉しい。
[PR]