<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

       今年の大根は「しか」でも「うさぎ」でもなく紫大根。
       畑から採ってきたら、皮を剥いて輪切りにします。輪切りの写真、ちょっと・・・・・・・です。
b0194908_14434410.jpg

       輪切りにした紫大根に塩をします。しばらくすると、
b0194908_14505990.jpg

       水が出てくるので、この水を捨てちゃって、お砂糖とお酢を加えます。
       そのまま時間をおくと(これは1日後)・・・・・・こうなります。
b0194908_14553813.jpg

       アントシアニン、スゴイっす!
[PR]
       やま山葵(ホースラディッシュ)、収穫しました。すぐに処理しないと萎びてしまう。
b0194908_7554285.jpg

       まず、ざっと土を落として、太い根っこと細い根っこに分別。極細も無駄にはしません。
       そして、こびりついた泥、根っこの隙間に入り込んだ泥をたわしでゴシゴシ。ひたすら、ゴシゴシ。
       これが結構めんどくさい作業です。複雑に入り組んで、たわしの介入を拒んでくる。
       ええい!切り分けちゃえ!5cmくらいの長さに切って、フードプロセッサーに投入。
       今回、太い根っこはおろしカッターで、細いのは、ナイフカッターで粉砕。
       ここがやま山葵の処理作業中、涙なくしては語れない部分なのです。
       うちのフードプロセッサーは蓋を押さえていないと、作動しないタイプなのですが、
       顔をそむけておかないと、目がツンツンしてきます。なるべく息も止めておいた方がいい。
       もうそろそろ、粉砕完了かな?と思っても蓋を開けて確認なんて、とんでもない!!
       これくらい回したら、大丈夫!と確信できるくらい蓋を押さえ続けて、覚悟を決めて・・・
       大きく息を吸って、息をとめたまま・・・蓋をオープン!!
       一気にボールに移して適当にお醤油を入れ、混ぜ、壜に入れる、と書くと、一行なのですが。
       これって、催涙ガスなの?涙と鼻水が・・・
       涙と鼻水を拭う度に手の消毒をし、また息を止めて、山葵に挑む、を繰り返し、
       完成したのが、コレです。やま山葵の醤油漬け。
b0194908_8463036.jpg

[PR]
   昨シーズンも植えた、尖がっているキャベツ。種が残っていたので 今年も・・・
   昨シーズンはなかなか結球せず、モヤモヤさせられましたが、今シーズンはいい感じ。
b0194908_2001492.jpg

   毎日のような「あおむしチェック」のおかげで虫食いも少なく、収穫が楽しみです。
[PR]
        大阪梅田の人込みの中を体を斜めにしたりしてズイズイと歩いたのは何十年ぶりかしら・・・
        人込みに酔ってしまって・・・ちょっと人の少ない所に移動しましょ。
b0194908_10284121.jpg

        風が冷たくて、見上げると、並木もすっかり、冬景色です。
b0194908_10335142.jpg

        昨日は娘3のトリートで、彼女が女子会で行って美味しかったというスペイン風居酒屋さんに
        連れて行ってもらいました。
        残念なことにお酒に極めて弱いのので、これが居酒屋さんデビューです。
        お酒の肴なのでいろいろなものが少しずつ出てきて、嬉しくて、美味しい。
        サラダのドレッシングも、お刺身もおうちでも是非試してみたいお味。
        鱈の雲子のフリットに添えられていたロメスコソース、衝撃の美味しさでした。
        帰って、早速「検索!検索!」  舌が味を覚えているうちにあれもこれも作ってみたい。
        新しい経験をさせてもらって、娘に感謝!!!
        ありがとう!ごちそうさまでした!
        
[PR]
     娘3が「この前食べたメキシコ料理が美味しかったので再現して!」と言う。
     ???私が食べたわけじゃないのに???
     昨日作ったチリビーンズを応用して・・・・、という事らしい。 なるほどね。
     「トルティーヤ」で検索してみると、いっぱい出てきました。
     材料は強力粉と塩とオリーブオイルとぬるま湯・・・・家にあるもので出来ますね。よっしゃ!
     娘3の指示のもと、共同制作で完成!これは、これは・・・なかなか、いけるんじゃないの?
b0194908_7202388.jpg

     トルティーヤをもう少し柔らかく、大判にしてケンタのツイスターみたいにラップサンドにしたら      
     食べやすくてイイかも!娘3も絶賛してくれて・・・なんていい子なの?それとも・・・人使いが上手なの?
     まぁ、盛り付けはもっと洗練される必要がありますね・・・


     
     
[PR]
         昨日、草引きをしていたら、草むらになんだか丸いものを発見!
         何でしょう・・・・・?
         これは夏野菜のバターナッツ!!
b0194908_12373733.jpg
          
         うらなりなので多分美味しくないだろうけど、こんな時期まで草むらに放ったらかしにされて、
         それでも健気に収穫を待っていてくれたと思うと、もちろん持って帰りました。
         蒸して、ペースト状にしてホットケーキミックスに混ぜて焼くと美味しい。
         うらなりじゃないのはこんな感じでした。
b0194908_1240421.jpg

         これはグラタンとスープが甘くて美味しかったよ。
         表面はこんな感じ
b0194908_1254148.jpg

         巨大で面白かったけど、来年植えるかどうかは未定です。
         南瓜は種類が多いので、あれもこれも植えてみたい・・・
         まだまだ時間があるので、ゆっくり迷えるのが楽しみです。
         
[PR]
b0194908_195499.jpgミニでレーシーなタァサイ。
こんなに虫に喰われてるって事は美味しいに違いない。
よし!焼きウドンに入れちゃえ!
具はこのタァサイ、玉ねぎ、豚肉。  シンプル~
味付けは塩、胡椒とナンプラーにしましょう。

本日の畑仕事はあちらこちらの草引き。
大根の畝も、キャベツの畝も、らっきょの畝もちょっと
ずつ。なぜひとつずつ片付けていかないかと言うと、全部終わる頃にはまた、振り出しにもどる・・・・ということになって、やる気が失せるから。
[PR]
去年植えたフェンネルの根元から新しい株が芽を出し、その根元がぷっくり膨らんできました。
b0194908_15222596.jpg

この部分を土で覆って軟白処理をしないと硬くなってしまうのですが、
こんなに綺麗なのに・・・土で覆ってしまうのは忍びない(?)
そこで、畦用の波板で囲って籾殻を投入してみました。
b0194908_15232250.jpg

さて、結果や如何に?
[PR]
頭の芯までキンと冷え込むと来たぞ!来たぞ!冬が来たぞ!とテンションが上がります。
寒い、寒い、といっぱい着込んだりしながら、寒いの好きなんです。
でも 寒いのが苦手な子達のために防寒対策しなくっちゃ。
b0194908_1684948.jpg

お馴染みの豌豆の手です。
今年のラインアップは久留米豊、スナック豌豆、オランダ大莢の3種類。
久留米豊は先シーズン豊作だったので、自家採種の種がたっぷり。
惜しげもなく蒔いたら蒔いた分だけ発芽しました。
来年の春まで、時間はかかるけど、しばらく放ったらかしでいいからラクチンですね。
[PR]
イライラとか蓑虫とか・・・・知らないうちに食い荒らされて、いつもこんな風にはなってくれない。
今年はイライラを見つける度に退去して頂いたのが良かったのかな?
(いつものように)良きにつけ悪しきにつけその因たるところが分からない・・・けど、
こんなに綺麗なんだから、まっ!いいか!
b0194908_17542433.jpg

来年もブルーベリーマフィン、楽しみにしているので、よろしくネ!!
[PR]