<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

珍しく、音楽を聴く機会を貰って、演奏会から帰ってくると、無性に何か作りたくなる。
なんだろう?この感じ・・・音楽の素養が全くない私ですが、右脳が激しく刺激されているのでしょうね。
何か作ると言っても、ちょちょいとミシンを踏む程度で、ちょっと落ち着く。この刺激、ニンマリ嬉しい。
いきなり、作りたくなって、ありあわせの生地と材料をあわせてこんなものが完成。西大寺から帰ってきて、急に作りだしたものだから、刺繍と袋のサイズが合っていないところも、自分の中のバタバタした感じが出ていて、面白い。
b0194908_15281283.jpg
b0194908_15274654.jpg

以前、何の当ても無く、刺繍だけしていた端切れを使って、バッグinバッグ。普段、使っているリュックには内ポケットがないので、便利です。
こんなのも、出来上がっています。これは娘3用。
b0194908_15374627.jpg
b0194908_15372521.jpg

[PR]
6月29日のパンはゴマのパン。黒すりゴマと白すりゴマの2色です。。
b0194908_14411622.jpg

従姉妹からもらった強力粉、母のお友達がいつも下さるすりゴマ、それにたまたま、トレハロースを頂いたので、入れてみることに・・・・うちのパンは周りの人の愛情で出来ています・・・・(!!)
それにしても、この頃、よくその名を見かける「トレハロース」。以前宇宙人がCMしてたアレですよね。
自家製のパンにわざわざ添加物を入れるのはどうなのかな?と思ったのですが、調べてみると、自然界に豊富にあるものらしいし、危険性はない{らしい}ということなので、ふんわり感が持続するものなのか、実験的に入れてみました。とは言うものの、ゴマのパンはふんわりというより、どっしり感の強いパンなので、いまいち違いが判らない。  何をしているのかしら?私・・・・
[PR]
ムジークフェストなら2013、最終日。今日は明日香村の万葉文化館へ。ちょっと衣装がちがう遷都君に出迎えられて、関西フィルのメンバーによる金管5重奏を堪能しました。
b0194908_1418862.jpg

今年で2度目のこのイベント、来年もまた開催されると、いいなぁ・・・・こんな所や
b0194908_14225996.jpg

こんな所や、
b0194908_1424118.jpg

こんな所でも演奏会があって、
b0194908_1426034.jpg

いまいち企画力の弱い奈良県にしては、画期的な催しでした。
お天気さえ許せば、こんな所でもどうかしら・・・?
b0194908_14315818.jpg

[PR]
今、奈良ではムジークフェスト2013が開催中です。日頃、音楽には縁のない生活を送っている私も、良い機会とばかりに、あちこちの会場に行かせて頂いています。
b0194908_1449539.jpg

西大寺で中国琵琶、日本建築の古いキリスト教教会でパイプオルガン、東大寺の金鐘ホールでオペラのアリア、奈良ホテルの片隅にある小さなチャペルでヴァイオリンとフルートとピアノ、手向山八幡宮の境内で和楽器の演奏と、場所もジャンルも様々!!いろんな音楽と身近に接する事が出来て、とても贅沢な時間でした。、あー満足!!
[PR]
土曜日(15日)はところによりにわか雨の予報だったのですが、予想外にしっくり長く雨が降ってくれました。恵みの雨です。畑の作物達もホッと一息かな?
b0194908_740320.jpg
b0194908_7404131.jpg

やっぱり、紫陽花には雨が似合います。

6月14日のパンは全粒粉入りクルミパン。気温が上がって発酵が進む!進む!二皿目のパンが過発酵になってしまい、夏のパンは半量ずつ捏ねて、時間差を作らないとなぁ・・・・と反省!
[PR]
関西地方は連日の猛暑で、雨も降らず、いったいどうなってしまうのでしょうか?朝のうちはシャキッとしている野菜たちも、お昼になるとぐったり・・・・特に瓜族はグッタリ度が著しい。梅雨らしいお天気になるのは来週水曜日以降という、天気予報、青空が恨めしいこの頃です。そんな猛暑の中、畑作業は体に悪そうなので、屋内作業を少しばかり・・・
b0194908_1518680.jpg

収穫した、ニンニクの芯を取り除いて、乾燥中です。目指せ!garlic braid!
ドラキュラが怖くて、作りたいわけではないのだけれど、リースのように編まれたニンニク、ちょっと惹かれます。でも、海外のリースのように編まれたニンニクとニンニクの芽を美味しく頂いちゃった我が家のニンニクとでは種類が違うようです。どうやらイタリア辺りのニンニクはソフトネック、つまり花が咲かず、柔らかい葉と茎を容易く三つ編みに出来るらしいのですが、如何せん、生粋ジャパニーズのうちのニンニクは薹の部分が根まで突き抜けて硬い(ハードネックというらしい)。そこで、茎を縦に切り裂いて、球根(?)のすぐ上で芯を外してみました。さて、どうなることやら・・・・お楽しみ。
[PR]
4月5日に種蒔きした、ズッキーニ初採りです。
b0194908_14351128.jpg

左上にちゃっかりならんで写っているのは、まっちゃんかぼちゃ。イボイボズッキーニは早採りかな?種の袋の写真ではもっと黄色くて、イボイボしていますが、そんなになるのを待っていたら、硬くなるような気がします。第一果だし、早採りで、まぁ、いいか・・・・どんなふうにして、頂きましょう・・・・
[PR]
連日のジャガイモの収穫で、そろそろ腰や膝が悲鳴を上げそうな予感・・・・でも、台風の発生で週間天気予報が大幅に変更になって、雨マークが迫っています。腰が・・・膝が・・・なんて言っていられない!!今日は「はるか」の収穫。葉っぱもまだ青いのだけれど、去年ジャガイモをいっぱい腐らせてしまったので、今年は早い目の収穫。
b0194908_16455863.jpg

「はるか」は芽の所が赤いのが特徴です。このお芋は生でも美味しいらしい。低温貯蔵すると、甘みがぐぃっと増すんだって!低温貯蔵する施設はないので、常温保存で、寒くなるのを待つしかないのかな?まずは生でサラダにしてみます。芽が浅くて、ツルッと剥けそう。こんなに採れたのでいろいろ調理が楽しみです。
b0194908_16574119.jpg

今回は看板に偽りなし!です。
[PR]
本当の梅雨が来る前にぼちぼちと、じゃがいもを収穫することにします。一昨日、キタカムイ改め、トウヤを収穫したのに続き、本日は「十勝こがね」。なかなか上出来です。(暗い部屋にひろげたので、写真も暗い)
b0194908_1417228.jpg

十勝こがねは貯蔵性が良いので、来年の春、じゃがいもの植え付けシーズンまで、美味しく頂けます。その頃になると、お芋の水分が程よく抜けて、ますます美味しい。我が家ではこの十勝こがねとシンシアは来年用のお芋として、他のお芋がなくなるまで封印されます。

次は・・・・とジャガイモの畝を見渡すと、中晩生のはずの「こがねまる」の葉っぱが黄色くなって、倒れている株もあります。じゃぁ、つぎはコレだな!とマルチを外したら「じぇじぇじぇ!!]
お芋が赤い!!これは「こがねまる」じゃない!!
b0194908_14361795.jpg

そう!これは「ベニアカリ」です。看板を立て間違えていたんですね。まさしく看板に偽りあり!です。
というか、植えたのも、看板を立てたのも私です。どれだけ、ウッカリ者なの?私・・・

ベニアカリはでん粉価が高く、ガレットにするとくっつき易いらしい。すりおろして、つなぎなしで、じゃがいものお焼きにもなるらしい。是非やってみよう。茹でて、食べてみたら、もちっとした食感、美味しい。

それにしても、連日の芋違い・・・なんだかなぁ・・・・
[PR]
6月7日のパンはゆであずきのパン。
先日買った本はパンの参考書みたいで、パン作りの色々な疑問にズバリと答えてくれます。いつもの行程では、油を投入するタイミングをある程度生地をこねてからにしていたのですが、我が家のように、サラダ油やオリーブオイルのような液状の油脂を加える場合はミキシングの最初に油を含めてすべての材料を一緒にこね始めるのが良いんだって!えーっ!ますます楽チン!
b0194908_13543154.jpg

今回の反省点は生地の分量に対して、ゆであずきの量が多すぎたこと。甘い!!し、生地が少し重い。
ゆであずきのパンは近日、再挑戦の予定です。でも、そろそろパンの1番の消費者である、母から「何も入ってないパンが食べたいわー」と言われるかも・・・・
[PR]