タグ:お菓子・パン ( 38 ) タグの人気記事

b0194908_23591735.jpg

なんなの~?って、これはゴボウです。去年3月に種蒔きしたゴボウの生き残り・・・。
花も咲き始めました。採種しまっせ。とは言うものの、こんなに沢山の種は要らない・・・
b0194908_0193032.jpg

そして、昨年の秋に種蒔きしたものの、一向に大きくならないまま薹が立ち始め、あー失敗しちゃったなと、がっかりしていたビーツ。撤収せず、放置していたら、根元がエゲツナイ事に!
b0194908_0274858.jpg

薹が立ってしまっているので、もう食べるのは無理だろうな・・・と、思いつつ、
茹でてみると、(諦め、悪っ!)年輪状に筋があって、あーっ、残念。でも、甘い!凄く甘い。
なんとかしたい!最新の高性能のブレンダーならこんな筋なんか粉砕してスムージーなスムージーを生み出してくれるのかも知れませんが、そんなものはナイ!となると、裏ごししかないなぁ・・・・
半ば、やけっぱちで、裏ごししたビーツをパン種に投入。すると、
b0194908_0484839.jpg

ピンクのパンが出来ました。凄い色です。パンの中にポチっとはみ出しているのは干しイチジク。パンの味ですが、ビーツの風味はほぼ感じられず・・・・でも、面白いから、また焼こうっと。

というわけで、野菜は適時に収穫しましょうね!というお話でした。
[PR]
昨年3月に蒔いた、フェンネル。(種の袋がおっちゃんメインの・・・)大きく育っていました。
b0194908_11522951.jpg

収穫したものの、フェンネル、コレ!といった調理法に未だ行き当たらず・・・
とりあえず、葉っぱと根元に分けてみる。
b0194908_1158262.jpg

葉っぱの部分は餃子に入れたりもしたのだけれど、外見のもさもさした感じが調理してもモサモサした食感。
完全にすり潰したらどうだろう?
すり潰すといえば・・・4月のパン蓬パン、ならぬ、フェンネルパンはどうだろう?
b0194908_1263041.jpg

すり潰し方が足りない?
b0194908_128370.jpg

焼きあがったフェンネルパンは思ったほどフェンネルの香りせず、ほんのちょっと、そう言われれば・・・そうかな位。
根元は蒸して、ソテーにして、エジプト塩をかけて頂きました。
b0194908_12144844.jpg

フェンネルのレシピ、まだまだこれからです。
今日はじゃがいもとビーツでピンクのポテサラも・・・・
b0194908_1227343.jpg

[PR]
4月のパンは主に蓬入り。
b0194908_14185467.jpg
b0194908_14181134.jpg

というのも、畑のあちこちに生えていた蓬を根ごと抜いて邪魔にならない場所に植えてあります。
4月になると、新芽が伸びて、摘まずにはいられない。摘み菜!摘み菜!


娘が作ってくれた酵母で美味しいパンが焼けるようになりたいなぁ・・・ただいま、修行中。(我流)
b0194908_14533272.jpg
薄い黄色の、ほんのり八朔の香りのパンが出来ました。
発酵の加減がわからなくて、まだまだの出来上がりです。
[PR]
鯛の塩釜焼きに挑戦。
b0194908_1614429.jpg

塩釜はミキサーで卵白を泡立てて、塩を投入したのですが、思いのほか、しっかりとしたメレンゲになったせいか、焼き上がりの塩釜は金槌で叩いて割る・・・という程の固さは無く、これでエエンかいな?というフワッとしたものになりました。塩釜に閉じ込められた鯛はとてもしっとり、ほど良い塩加減で、美味しい~!!
お魚屋さんで下処理をしてもらったお魚に塩メレンゲを塗りたくって、オーブンに放り込むだけという超簡単料理。料理とも呼べないくらい?塗りたくる作業をもうちょっと、丁寧にすれば良かったなと、反省。でもその作業はお味とは関係ないしなぁ~。


3月10日と14日のパンは黒糖のパンです。入れた黒糖の量が小麦粉の1割弱くらいなので、あんまり黒糖感のない、「黒糖パン」になりました。
b0194908_16422330.jpg
b0194908_16425043.jpg

↑3月14日の黒糖パンには娘3が作っているレーズン酵母の出がらしレーズンを貰って、入れてみましたが、出がらしレーズンなので、レーズン感もなし。「黒糖レーズンパン」なのに黒糖感もレーズン感も無いなんて、いったい何者なの?
[PR]
b0194908_15542432.jpg

マフィンを焼くとバターの分量に心が痛む。美味しいんだけれど、こんなにバター摂っていいのかしら、と。
で、良い本見っつけた~。バターや卵の代わりに絹ごし豆腐と植物性油を使うンだって。
この本のレシピでも、まだ油の分量が多いような気がして、だだいま、試行錯誤中です。
とはいえ、毎日は焼きませんが・・・・
b0194908_16151116.jpg

ブルーベリーを入れてみました。冷凍のブルーベリー、便利です。
[PR]
3月3日のパンは蕎麦茶のパン。いつもの材料に蕎麦茶を投入。
b0194908_21211354.jpg

蕎麦茶のプチプチ感がうまく出たらいいなぁ(まだ食べていないので・・・)
残念ながら、プチプチ感はまったく無し・・・でした。


そしてひな祭りのばら寿しはアリモノばら寿し。頂き物の旬のいかなごの釘煮と菊芋の甘酢漬け、ゴマ、蕗の薹を混ぜた寿し飯に
b0194908_21294019.jpg
錦糸卵と菜の花、スモークサーモン、アボカドをトッピング。
b0194908_21305240.jpg

花より団子ならぬ、お雛様よりばら寿し・・・・な点は少々反省。もう少しゆっくり、ひな祭りの情緒を楽しめる、余裕を持ちたいなと思う桃の節句でした。
[PR]
2月28日のパンはココナッツミルクのパン。先日の甘酒ミルク粥を作って貰った時のココナッツミルクが残っていたので、いつもの牛乳と油をココナッツミルクに置き換えました。
b0194908_2026399.jpg

つまり材料は粉とココナッツミルク(缶)と砂糖とイーストと、いたってシンプル。生地が少し柔らかいめになってしまったので、いつもと違う形で・・・


娘夫婦から母の米寿のお祝いは榛原牛。週末に帰省した娘が届けてくれました。榛原牛は宇陀牛の特に榛原地区に特化したもの。私達もお相伴に預かって、口福、口福。88歳の母の元気の源は「お肉」。私や娘達よりずっと肉食系です。

久し振りに帰省した娘2はアンテナの方向が一緒に住んでいる娘3とは違っていて、それぞれにとても面白く、いつもと違う風がビューと吹いて、いつものように慌しく帰京していきました。
ありがとう!ごちそうさまでした。
[PR]
娘が甘酒を作ってくれたので、パンに入れちゃお。
b0194908_1491282.jpg

いつものパンには見かけない表面のポツポツした膨らみは麹のせいなのか、甘酒の米粒のせいなのか・・・
お砂糖が入っていないのに甘い!


甘酒で甘酒チョコ羊羹と甘酒ミルク粥を作ってもらいました。美味しい。ありがとう!ごちそうさま!
b0194908_14215549.jpg
b0194908_14213818.jpg



甘酒と牛乳の組み合わせは平安時代に特上の飲み物として「醍醐味」と呼ばれていたんだって!
へぇ~!
[PR]
母のお友達が下さる黒ゴマの擂りゴマが冷凍室で溜まってきました。久し振りの黒ゴマパンの登場です。
b0194908_21461126.jpg

美味しそうな色のパンではないなぁ・・・・娘3には厳ついパンと言われた!「黒ゴマパンでゴワス。」

前回のプチパンサイズが母には不評だったので元の8分割にしました。(前回は10分割)

見分けが付くように、少し茶色いのがはったい粉をかけたイチジク入り。小麦粉をかけたのはクルミ入り。
[PR]
心配していた雪は明け方には雨に変わり、ズチョズチョと雪解けの音が賑やかな朝です。
b0194908_122838100.jpg


「寒い時に体が温まるよ」と頂いた「しょうが湯」。
b0194908_12293229.jpg

葛湯独特の「喉元を過ぎても忘れない熱さ」がどうも苦手でずっと放置状態だったのですが、今朝、閃きました。ケーキに入れちゃえ!シフォン生地でカップケーキ生姜風味。
b0194908_12324788.jpg

☆材料  薄力粉  60g  しょうが湯  2袋(25g入り)  砂糖  10g  卵黄  4個分  サラダ油  大匙2  牛乳  大匙3    卵白  4個分   砂糖40g

シフォン生地なので、焼きあがって冷めるまでに随分と縮んでしまいますが、そこはカンニンしてぇ。
[PR]