タグ:ハーブ ( 20 ) タグの人気記事

b0194908_1450882.jpg

ディルが花盛りです。種が出来たら、まずらっきょうの甘酢漬けに参加してもらいます。
きゅうりのピクルスにも不可欠だし、葉っぱは少し硬くなってきましたが、それでも毎日のように食卓に上がります。使い勝手のの良いハーブです。
b0194908_1457717.jpg
お豆のサラダ。
新玉葱とディルの葉、お酢、お塩、油(くせがないのでグレープシードオイル)、胡椒をフードプロセッサーで粉砕したものに茹でたお豆を和えるだけ。お豆も新玉葱もディルも畑で調達出来るなんて、幸せ~。

そして今年も
b0194908_1564944.jpg
もうすぐ、食べ頃のアーティチョーク。まだワシワシ食べる以外の食べ方を見つけられずにいます。
[PR]
昨年3月に蒔いた、フェンネル。(種の袋がおっちゃんメインの・・・)大きく育っていました。
b0194908_11522951.jpg

収穫したものの、フェンネル、コレ!といった調理法に未だ行き当たらず・・・
とりあえず、葉っぱと根元に分けてみる。
b0194908_1158262.jpg

葉っぱの部分は餃子に入れたりもしたのだけれど、外見のもさもさした感じが調理してもモサモサした食感。
完全にすり潰したらどうだろう?
すり潰すといえば・・・4月のパン蓬パン、ならぬ、フェンネルパンはどうだろう?
b0194908_1263041.jpg

すり潰し方が足りない?
b0194908_128370.jpg

焼きあがったフェンネルパンは思ったほどフェンネルの香りせず、ほんのちょっと、そう言われれば・・・そうかな位。
根元は蒸して、ソテーにして、エジプト塩をかけて頂きました。
b0194908_12144844.jpg

フェンネルのレシピ、まだまだこれからです。
今日はじゃがいもとビーツでピンクのポテサラも・・・・
b0194908_1227343.jpg

[PR]
冬越しが出来るかと心配しているレモングラス。  
グッと、冷え込んだり、雪が積もったり、本当に大丈夫なのか?

ガッサガサに枯れているようにみえます。
b0194908_15103467.jpg

が、!! ガッサガサの奥を覗き込んでみると、
b0194908_15142720.jpg

けっこう青い葉っぱが頑張っています。これなら春にまたグイグイ芽を出してくれるかな。
    

レモングラスの根に近い太い茎はスープにポイッと入れると(月桂樹の葉の感覚で)なんとも簡単にエスニックな味を出してくれます。

もうひとつ、今シーズンのヒットは「レモングラスのサテ」

作り方は簡単。ひき肉と刻んだレンコンを混ぜ合わせて、塩コショウとナンプラーで味付け。
それをレモングラスに巻きつけ。その上に豚ばら肉を巻く。(崩れるのを防ぐため)
230℃に熱したオーブンで20分くらい焼く。その時にいろんな野菜も一緒にグリル。
b0194908_1535569.jpg

今回は芽キャベツと人参、パプリカと一緒に焼きました。
このワイルドな見た目も面白い。
[PR]
天気予報の-6℃に戦々恐々として、朝を迎えましたが、いつもの朝よりほんの少しピリッとした感じだけど、これが-6℃? 現在地のお天気を見たら、-3℃でした。こんな感じなら、記憶の範囲内だな。

それでも 畑の様子が心配で覘きに行って来ました。 当たり前ですが、なんも変わらん!!と、思ったら、
b0194908_13141150.jpg

春を発見!!(蕗の薹、まだ固そうな蕾です。)


スナップ豌豆の現状、ちょっと大きくなったかな。
b0194908_132399.jpg


今晩は雪が降るそうです。また、土が湿って、なかなか耕せません。


明日の天気予報を聞いていると、あちこちで大雪に厳重注意だそうです。
どうか大きな被害が出ませんように。
[PR]
明日の奈良県の最低気温は-6℃まで下がるそうです。この時期、近畿地方の天気予報でいつも一番寒い奈良県ですが、-6℃というのは聞いた事がない。畑の作物たちは大丈夫なのかしら・・・
b0194908_1718422.jpg

このワッサーッと茂ったまま枯れているのは、「レモングラス」。暖かい国のハーブです。この状態のまま、いつもなら、越冬してくれるのです。このワッサーッと枯れた葉っぱが、根元を守ってくれているんですね。でも-6℃・・・はて・・・大丈夫だろうか?隣のアーティチョークも、手前の一向に大きくならない菊菜も大丈夫でしょうか?
[PR]
柚子をいろいろ瓶に詰めて眺めていたら、「あーぁ!アレ、作るの忘れてますやん‥」と思い出したものが‥
「ホースラディッシュの醤油漬け」です。作り方は簡単なんですが(こちらに)、ツライ作業なので、瓶詰めブームが来ているうちに作らないと、じきに腰重モードになってしまう。で、朝から畑に収穫に行ってきました。ホースラディッシュ〔山わさび)は繁殖力が旺盛で、掘り残した根っこから、春になるとどんどん芽が出てくるので、要注意。
b0194908_18442122.jpg

このお皿に水を入れておくと、このかけらから根がいっぱい出ます。
b0194908_18473962.jpg

山わさびの醤油漬け、出来上がりはこちら↑
[PR]
関西地方は連日の猛暑で、雨も降らず、いったいどうなってしまうのでしょうか?朝のうちはシャキッとしている野菜たちも、お昼になるとぐったり・・・・特に瓜族はグッタリ度が著しい。梅雨らしいお天気になるのは来週水曜日以降という、天気予報、青空が恨めしいこの頃です。そんな猛暑の中、畑作業は体に悪そうなので、屋内作業を少しばかり・・・
b0194908_1518680.jpg

収穫した、ニンニクの芯を取り除いて、乾燥中です。目指せ!garlic braid!
ドラキュラが怖くて、作りたいわけではないのだけれど、リースのように編まれたニンニク、ちょっと惹かれます。でも、海外のリースのように編まれたニンニクとニンニクの芽を美味しく頂いちゃった我が家のニンニクとでは種類が違うようです。どうやらイタリア辺りのニンニクはソフトネック、つまり花が咲かず、柔らかい葉と茎を容易く三つ編みに出来るらしいのですが、如何せん、生粋ジャパニーズのうちのニンニクは薹の部分が根まで突き抜けて硬い(ハードネックというらしい)。そこで、茎を縦に切り裂いて、球根(?)のすぐ上で芯を外してみました。さて、どうなることやら・・・・お楽しみ。
[PR]
面白い新聞記事を見つけました。5月31日付けの毎日新聞の1面に載っていたので、ご覧になった方もいらっしゃる事と思います。(ひょっとして、関西ローカルのニュースなのかな?)
b0194908_14361216.jpg

纏向(まきむく)遺跡・・・邪馬台国、畿内説の最有力候補地が纏向遺跡と言われています。
古代のバジル、どこからやって来て、何に使われていたのか、想像するだに、いと楽し・・・・ですね。
[PR]
          昨日はしっかりとした雨が降って、瓜族の受粉は出来ず・・・・
          大事な第一果が結実しそうもなく、いよいよつるぼけになるのかな?
          そして、ディルがえらいことに・・・・
b0194908_12551536.jpg
          すでに 花がディルシードらしきものになっている枝ほど、頭が重いので倒れてしまっています。
          収穫しちゃえ!!ディルシードの利用法、検索しなければ!!

          トリトマの蕾が色付き始めました。
b0194908_1257329.jpg
          母がどこからか頂いてきて、花を楽しみにしているのだけれど・・・・
          変な花!!    後ろの白いロープはさくらんぼの枝を誘引しています。
          
          本日の収穫。    韓国カボチャ、インゲン。
b0194908_1502099.jpg
          韓国カボチャ(まっちゃんカボチャ)は 柔らかくて、ジューシィ。生でも加熱しても美味しい。
[PR]
          こんなの見っけ!!
b0194908_17315031.jpg
          このあいだ満開だったキーウィ。花の数ほど実が付いたらどうしよう・・・・
          なんていうのは杞憂に過ぎず、ほどほどの結実です。

          こんな結実も・・・・・韓国カボチャです。
b0194908_1739286.jpg
          まだ早すぎるけど、どんどん咲いてどしどし受粉させているので、収穫しちゃう。

          本日の畑作業は ルバーブの定植。
b0194908_17453394.jpg
          天気予報では今晩から雨とのこと。跳ね返り防止のために藁を敷いてくればよかったなぁ・・・




          
[PR]