b0194908_15542432.jpg

マフィンを焼くとバターの分量に心が痛む。美味しいんだけれど、こんなにバター摂っていいのかしら、と。
で、良い本見っつけた~。バターや卵の代わりに絹ごし豆腐と植物性油を使うンだって。
この本のレシピでも、まだ油の分量が多いような気がして、だだいま、試行錯誤中です。
とはいえ、毎日は焼きませんが・・・・
b0194908_16151116.jpg

ブルーベリーを入れてみました。冷凍のブルーベリー、便利です。
[PR]
6月1日のパンはコーヒーくるみパン。
我流で手抜きのパン作りも楽しいのですが、もうちょっと、柔らかくとか、もうちょっと、しっとり、とか出来ないものだろかと、本を買っちゃいました。パンづくりに困っているわけでは、ないんですけど、帯に必ずパンづくりが上達します!って、書いてある。ホント?
b0194908_15234222.jpg

[PR]
b0194908_13607.jpg
エドガー・ライス・バローズの火星シリーズは子供の頃の
愛読書。(12~13歳の頃)
SFというよりはヒロイックファンタジー、なのかな・・・・?
でも、子供の頃はそんなジャンル分けの意識は もちろん
なくて、ただ、ワクワク、ハラハラ、ドキドキ、大好きでした。
全11巻のうちジョン・カーターが主人公の1~3巻が印象的。
この表紙絵のデジャー・ソリスが子供心にとても色っぽかったなぁ(創元推理文庫)
中の挿絵もドキドキしました。それにしてもこの露出!!
2巻の「火星の女神イサス」を角川文庫で買ってしまい、
その挿絵のあまりの違いに愕然とした記憶があります。
あれはショックだったなぁ・・・・

100年も前の作品なんですね、びっくり!!
これ以降、スペースファンタジーいっぱい読みました。
私のSF好きの原点といえる作品です。
映画化されたと聞いて、行かずに居られましょうか!!
映画を見る前に原作を読み直すべきか、悩ましい。
[PR]
       図書館の貸し出しが10冊までOKということなので、久しぶりにスペンサーに会いたいなと
       思って、たっぷり借りてきました。
       
b0194908_17255184.jpg

       スペンサーとホークの掛け合い、懐かしー!!
       まとめて読んだので、個々にはちょっと?のもあったけど、いいんだ!スペンサーだもの・・・・

       ただ、作者のロバート・B・パーカーが2010年にお亡くなりになられたことを
       「盗まれた貴婦人」のあとがきで知りました。
       今更ですが、ご冥福をお祈り申し上げます。




       
[PR]
つい、この間まで娘達の英語やら、日本史やら、の参考書が
山のように積んでありました。 私も、私も・・・・
b0194908_16473874.jpg
畑の時は常に携行しています。 表ワザもままならないのに、
裏ワザですか?と自分にツッコミながら。読んでいて、とても楽しい。

ジャガイモの切り口を上向きに植える勇気はありませんでしたが、
その話を友人と話していたら、切り口を南に向けて、立てて植える
という新たな裏ワザを教えてもらえたのも、この本のおかげです。

茄子のV字仕立ては今年、挑戦したい事のひとつです。
畑に行く途中のビニールハウスの中の茄子はそれはそれは整然と
V字開脚(?)しています。プロのお仕事ですから当然なのですが
・・・憧れます。

そして、トマトの捻枝、興味ありますねぇ。
[PR]
b0194908_17314793.jpg
江戸に生きる庶民の人情・・・ほっとしたい時にこのタイプの本に
手がのびます。時代小説は義理とか、人情とか、現代社会では
結構面倒くさがられる事が、生きていくルールとして、「まずそれ
ありき」、で話がすすんで行くので、読んでいてとても楽チンです。
ただ、最後の最後で、逮捕と捜査という言葉が出てきて、びっくり!
他にも色んな言葉があるとは思いますが、例えばお縄とか探索とか
言って欲しかったなぁ・・・

どっぷり、江戸の世界に入り込んでいたのに、急に現代に引き戻されて、そこの所だけがとても残念でした。
[PR]